« 初めて漬けた梅干 | トップページ | 遮光プレートで太陽撮影 »

2015年8月24日 (月)

アンカーRS8でロングライド

ブリヂストン アンカー RS8は、

レース向けのロードバイクだ。

それは、ブリヂストンのサイトでも表記されている。

Index_chart
ブリヂストンアンカー バイクインデックスチャート

でも、ロングライドできないわけじゃない。

ある元プロレーサーはこう言っていた。

「レース用のほうがね、ロングライドにはいいんですよ。だって早く走れて短時間ですむから疲れない。」

・ ・ ・ 貧脚の場合には、当てはまらないような話だが、

真夏だし汗をかきたいので(?)、RS8でセンチュリーランをしてきた。

アルミバイクではなく、カーボンバイクで初のロング。

1日で160kmは、練習の範囲だという方も多いと思うのだが、

どうかそこはお許しを。

コースは千葉県サイクリング協会主催のセンチュリーラン、

銚子センチュリーライド2015を今回は参考にさせていただいた。

2015
銚子センチュリーライド2015 - ルートラボ - LatLongLab

スタート・ゴールは地図のなかほど、多古道の駅に変更。

これは、コースの中間付近を出発点にすれば、

トラブルが発生しても戻りやすいという理由から。

これは、過去に経験した「センチュリーラン笠間」のときに

風邪により熱発して、途中リタイアした経験から学習した。

あのコースは8の字なので、途中でスタートに戻れるのだ。

イベントと違って、今日はすべて自力解決しなくてはならない。

いい歳して、遊びに行き帰宅不能になってはまずいからねぇ。

1701

朝7時に多古道の駅そばを流れる栗山川に集合。

まだ、朝もやが残っているが、終日くもりの予報。

雨は降らないそうだ。

暑くなりすぎず、ロングライドには良い条件。

ここで、イジリと待ち合わせ、コースの確認をし出発。

イジリのバイクは電動のSHIMANO ULTEGRA Di2 を装備。

こっちは105。 完成車価格でちょうど倍の値段の差

その差は脚でカバー ・ ・ ・ できるはず ・ ・ 。

出発後は予定コースどおり栄町まで走って休憩。

どうせなら、印旛沼をまわって、成田では米屋総本店で

甘味を食べようということに。

完全に銚子センチュリーライドのコースから外れる。

だが、印旛沼周囲のコースは気分がいい。 開放的だ。

自動車が脇を猛スピードで通り過ぎないというだけで、

心がラクになる。

1719

イジリもご機嫌。 

体型はどんどん大きくなっているが、TRHのジャージは

なんとか着れているようだ。

ここから成田に戻り、参道を登る。

その先にあるのは、朝8時からやっている米屋総本店。

こちらで、水饅頭をいただく。

1728

さすがに生の桜葉は食べる勇気がありませんでした。

店内の冷えた水を少しだけかけてと、

ん~たまらん、この食感!!

店をでて成田空港に向かうと、なにやら空が真っ黒。

え?天気予報で雨なんてなかったのに。

今日は何も雨対策していない。やばい、雨神さまイジリの本領発揮か!!

とか考えてるうちに、土砂降り。

1738

急いで木陰に入り雨宿り。 さすがに走れない。

スマホで現在の雨エリアを確認すると、この周囲だけ。

なんてことだ、迂回する手立てもあったかもしれないな。

それにしても、RS8は雨天では乗らないようにしていたのになぁ。

RS8で初ロング&雨天走行か。

無理せず雨雲が通りすぎるまで待ってから、再び進む。

が、ちょっと寄り道することに。

1741

空港の西、三里塚にあるバウムクーヘンの「ら・それいゆ」にて、

シュークリームを食べる。

和菓子のあとは洋菓子。 

消費カロリーよか、摂取カロリーのほうが高いな。

ここからは南下し芝山経由で山武市に向かう。

そのまま九十九里浜にでるはずが ・ ・ ・ 

どうしても、いつもの店に寄りたいとイジリがいうので ・ ・ ・ 。

1751

たまごや・とよまるにて、このような食事を。ここは山武市。

4月にきたときも、雨だったな。

「プリンなしにしようか ・ ・ ・ 」と、提案するも

「いえ、付けましょう」ということでプリンつき。

ああ、またカロリーのオーバー摂取だ。

ご飯の半分はイジリにあげた。

もはやセンチュリーライドではなく、

完全にセンチュリーグルメライドの様相。

まぁ、コース設定と休憩場所を決めてるのは俺なのだが。

やっぱり楽しく美味しく走りたいよな、イジリ。

RS8は雨に濡れながらも進む。

ここまで速度が遅いのもあるし、休憩(雨宿り含む)が

長時間というのもあってか、足の疲れはない。

気のせいか? いや、予想よりホントに疲れがない。

やっぱり、アルミよりは脚と腰がラクなようだ。

(確実に速く走れる、というわけではないが)

ただ、さすがに雨の下り坂を攻める勇気はなく。

カーボンバイクでの転倒はフレーム破損が心配で、

つい減速してしまう。

金属フレームのほうが、そこは安心感があるか。

心が弱いな、俺。

コースは匝瑳市を抜け、旭市に。

寄り道が多いせいか、予想より距離が稼げている。

しかし太陽も雲から顔をだし、かなり暑い。

ここは、体を冷やすスイーツが必要だな。

1757

イタリアンジェラート HOME OF MOTHERS に立ち寄る。

こんな郊外のわかりにくい場所なのに、長年営業できているだけあって

味はバッチリだ!!

お客さんも立地のわりに多く訪れている。

いや~、体温が0.1度下がった感じがするな。

ここで、偶然にも職場の方と遭遇。

自転車乗って印旛沼経由の銚子行きと伝えると、

それはもう、あきれて驚かれた。

そうだよな。 一般の方からすれば意味不明な行動だよな。

ここでイジリと作戦会議をする。

 1.銚子センチュリーを参考にしたが距離は稼げている。

 2.雨宿りのせいで予定時刻より遅い。

 3.空の雲行きが再び怪しい。

 4.イジリが銚子の坂を登りたがらない。

う~ん ・ ・ ・ 飯岡港までのランにするか。

そうすれば、160km達成・帰宅早まる・雨に濡れない、

そしてイジリが坂を登らないですむ

結論 : 旭市の飯岡港が目的地。

      そこから多古道の駅に戻る。

銚子センチュリー参考なのに、銚子に行かないってのが

俺たちらしい方針だな ・ ・ 。

飯岡港で海を眺めたのち干潟駅近くにある、たこやき八萬石にて

1780

これで止めのカロリー摂取。

イジリはたこ焼き 150円。 俺は今川焼き 70円。

食べて元気に走り出せば、

もの凄い土砂降り(泣)!

もう脚は止められぬ、走り続けるのみ!

やはり、雨男が一緒だとさぁ ・ ・  ・ ・ 。

(ここの区間の平均速度が一番速かった。)

それでもゴールになる道の駅多古に着く前に、雨は止んだ。

走行距離は160km、時間的にもセンチュリーラン達成だ。

予定外の雨天走行も入ったが、RS8でのロングライドは

アルミのRA5より疲れなかった

というのが今回の感想。

「そんなの当然だろ」という声が聞こえてきそうだが、

やっぱり実行してみないとハッキリとはいえないので。

でも、本当は銚子犬吠崎まで走って、

200kmランすらやれそうな体力の残り具合だった。

だって帰宅してからジャージの洗濯と、

自分洗って、バイクも洗浄し磨き上げて、さらに家の掃除まで

やれるだけの元気が残っていたのだから。

脚がラクだったのが印象的。

でも、ロングライド用バイクの、RL8やRFA5ならば

もっと体力残っているのかもしれん。

いや速度がでず、時間がかかってるかもしれないが。

・ ・ ・ 乗ったことないから、そこはやっぱり、

わからん。 

2768

ブリヂストン・アンカーRS8の感想

超鉄ゲタホイールシステム

« 初めて漬けた梅干 | トップページ | 遮光プレートで太陽撮影 »

自転車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513370/62101964

この記事へのトラックバック一覧です: アンカーRS8でロングライド:

« 初めて漬けた梅干 | トップページ | 遮光プレートで太陽撮影 »

ウェザー

  • 天気
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ