« 挿し木のイチジクが結実(花) | トップページ | サケがたくさん遡上中 »

2015年10月27日 (火)

天体望遠鏡購入

このところ、星への興味がでてきている、

中年さん(TOKIO城島さんと同い年)の俺。

甥に買ってあげたフィールドスコープなおもちゃに始まり、

HOMESTAR Liteの購入、遮光プレートで太陽撮影

地味に投資をしていたが ・ ・ ・ 。

ついに、人生初めての天体望遠鏡を入手した!

それがこの、Vixen社の

A80mf

A80mf 鏡筒経緯台セット、ちなみに中国製だ!

いやぁ~、店頭で見たときも大きいと思ったが、

自宅で組み上げると、本当に大きいな!!

なにしろ、箱が宅配されたときに父が

「何を買ったんだ、あんなデカイもの!」

と言ってきたくらいに、とにかく大きい。しかも重い。

12
デカイ箱が2つ、これらが大きな箱にド~ンと入れられて届いたのだ。

展開するにも一苦労。

あ、箱の中に長い金髪発見。ん~、工場の梱包係りには

金髪の人がいるな。

ま、そこは気にしちゃイカンか。

さて、組み立ては、難しくなかった。

ただ、大きく重い。店頭でもカタログでもわかっていたが

やはり、デカイ。 

だから扱いが大変。しかも光学機器でもあり、

かなり気を使う。

A70mf 鏡筒にしておけば、経緯台も小さいし

サイズも重量も価格も負担が少なかったか?

しかし、この大きさと重量が、

天体望遠鏡には大事なんだろう。

明るいうちに、組みあがった望遠鏡をベランダに出し

ファインダーと鏡筒が同一直線上を向くように調整する。

これが事前の準備としてとても大切。

写真の中心にある、こんもりした木を狙うことにした。

肉眼だとこんな感じ。

16_2

これを

6倍のファインダーを覗くと、このような映像。

28

ちなみにこの映像、接眼部分に無理やりCOOLPIX S8200

押し付けて撮影している。

専用器具がないので、手持ちでだ、根性だ。

このため、正確な倍率とはズレがでているような気も・・・

だからそこは気にしないで欲しい。

次は、接眼レンズ20mmを装着したA80mf鏡筒で見てみる。

倍率は46倍となる。

 

34_2

よく見える、こんなに見えるの?

やばいよ、こんなものを日中にベランダで見てたら、

あきらかにノゾキやってるみたいじゃないか。

勘違いされたらやばいですぞ。


さて、肝心の夜なんですが、

月はこんなふうに見えました。

20151020luna2

つ、月ってこんなにデコボコしてたのか!

知らなかった。

それにしても、どんどん動くんだな、星って。

これは、追いかけるのが大変だ。

ほぼ満月をまって撮影すると、

2015luna

とにかく明るい。明るすぎて目が悪くなりそう

月ってこんなに明るいのか!

この画像では明るさを感じないが、これは

購入しておいたオプションパーツのムーングラスを

装着し、光を柔らげたもの。

この写真も接眼部分に無理やりCOOLPIX S8200

手持ちでセットして撮影。

やっぱりここは根性だな。

でも、なかなかキレイに撮影できた。

144倍も可能だが、さすがに月に使うには

適さない。

そうだな、今度は・・・

土星や木星を狙ってみようか。

« 挿し木のイチジクが結実(花) | トップページ | サケがたくさん遡上中 »

自然」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513370/62463622

この記事へのトラックバック一覧です: 天体望遠鏡購入:

« 挿し木のイチジクが結実(花) | トップページ | サケがたくさん遡上中 »

ウェザー

  • 天気
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ