« 道の駅多古、レンタサイクルはじめました | トップページ | 日産ノートにロードバイク »

2016年12月 3日 (土)

愛用のカバンを染め直す

吉田カバン「PORTER」の黒いバッグを愛用しているが、

長年の使用により、色があせてきた。

7733

もちろん愛用している証拠だし、色あせが「味」でもあるのだが

正直、購入時の真っ黒に戻したい。

そこで準備したのは家庭用染料のDYLON製品。

0191

DYLON マルチと、色落ち防止のカラーストップ。

評判もよく、入手しやすさと価格でこれに決めた。

20年ほど前に1度だけやったことがある染色。

久しぶりにやってみよう!

まずはバッグを洗う。

7734

衣類用ではなく、ぬるま湯と台所用中性洗剤で洗った。

長年におよぶ使用のせいで、水がよく濁る。

しっかりすすいでから、染めにはいる。

屋内では液をこぼすと厄介なので、庭でおこなう。

屋外用の熱源の上で、鍋にお湯を準備し染料と塩を入れる。

お湯は染料指定の量の半分にした。

これは濃く染めるためでもあるし、鍋の容量のせいでもある。

黒の場合は、倍の染料が必要らしい。

まぁ、それは白を黒にする時の話なんだろうけど・・・。

7743

使った鍋は古い圧力鍋で、すでに子供の砂遊び道具だったもの。

染めている途中で温度が下がるといけないそうなので、

バーナーで加温する。

しっかり暖かい染料の液体で色付けしたら、洗う!

7750

20リットル入る大きなバケツであらうと、水がすぐ色づく。

何度か水を換えていると、透明なままになってきた。

よし、色止め作業に入ろう!

本当は色止めのカラーストップを使うかどうか、ちょっと悩んだ。

理由は、色落ちしないようにすると「色あせ」がおこるため。

取扱説明書を読んだときは意味不明だったが、

しばらく考えると、納得できた。

どうするか ・ ・ ・ ・ 色止めすることにしよう。

先程の鍋にお湯をつくって、そこにバッグを濡れたまま入れる。

繊維が耐えられる最高温度で水温を維持する。

ふたたび水洗いして、陰干しすれば、

7781

おほほほ!真っ黒! 写真では白く見える部分もあるが、

実際は真っ黒!!

PORTERのブランドロゴも真っ黒!すばらしい!

ついでに子供が赤ちゃんのころ使っていた

アンパンマンのタオル。 これも染めた。

7752

かなりくたびれて、汚い印象。

染料に漬け込んだら、その結果は当然ながら、

7773

しょくぱんまん、真っ黒! かびるんるん状態!

かれーぱんまん、識別がギリギリなところ。

いやいや、よく染まりました!

実は、染めたのは残暑の時期。

すでに3ヶ月経過しても、黒いままで大満足!

染料、すごい! おもしろい!

« 道の駅多古、レンタサイクルはじめました | トップページ | 日産ノートにロードバイク »

手作り」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513370/64578236

この記事へのトラックバック一覧です: 愛用のカバンを染め直す:

« 道の駅多古、レンタサイクルはじめました | トップページ | 日産ノートにロードバイク »

ウェザー

  • 天気
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ