住まい・インテリア

2016年7月15日 (金)

網戸張り替え

両親の家の網戸がボロボロだったので、張替えした。

30年くらい、張替えをしていなかったから、網は穴だらけ。

もちろん、押えゴムも硬化しボロボロ。

交換用の網、押えゴム、道具としてローラーと網戸専用カッターを購入。

網戸クリップはもったいないので、ダブルクリップをたくさん使った。

Ds30

9尺サッシの網戸のため、入手が簡単な6尺の20メッシュ網をつかう。

これを上下2段で張る。 以前は1枚ものだった。

以前はピンピンに張っていたのだが、今回は適度にゆったりめに。

最後にゴムの入れ具合ですこし張るくらいがちょうどいいようだ。

あまり強く張ると網が端のあたりで切れやすいし、サッシが歪み易い。

軽く細めのフレームで網戸はできているので強くやると、ゆがみやすいようだ。

前にやった時は、それで苦労した。

気を張らず、網もゆったりのほうがうまく行きやすいようだな。



2015年11月11日 (水)

イワダレソウ植え付け:その後

裏山のがけ崩れに、粘土を含む畑の土を水で練って塗った。

そこにイワダレソウ植え付けというか貼り付けたのは4ヶ月前。

結果は、

892

このような感じ。

ちょっと、わかりづらいな・・。

もともとは、このように乾燥して草が生えなかった。

3181

しかも、乾いてしまうから種を蒔いても苗がすぐに枯れてしまうし、

土もサラサラと崩れてしまっていたのだが、だいぶ改善した。

秋なので草が枯れてきて見苦しいが、

そばによってよく観察すると

933
このようにしっかりと根付いている。

割り箸に見える竹が、ちゃんと役立ったようだ。

イワダレソウ植え付け

2015年9月26日 (土)

ウォシュレット交換

両親が使っている、TOTO ウォシュレットが不調だ。

動いたり止まったりする。

よし、自分で交換してみよう。

注文から数日で商品は届いた。

購入したのはTCF8PMという型式、新しい商品だ。

179

開封すると、こんな感じ。

なんと、工具も入っている。

ただ、これにプラスドライバに、メジャー

水がこぼれるので小さいバケツ、ペーパータオルが必要。

シールテープも用意してみた。

モンキレンチも場合によってはいるか。

それとリモコンが壁につくので、そちらを固定するための

工具がいるかな。

今回は木造で壁が石膏ボードだから、簡単だ。

まずは、止水弁を閉める。「ククッ」という感触で回った。

113

閉める、締めたのだが ・ ・ ・ ?

水が垂れる。

なぜ、水がこぼれるのだ?

おおおお!?

止水弁の後ろから放水が!

 

漏水だぁぁぁ~~!

なんでだぁ!!!!????

ダッシュで元栓封鎖に走る!!

漏水、いや散水は止まった・・・・・。

ああ、トイレ水浸し。

何がおこったのだ?

よく観察すると、なんと止水弁の裏側が

165

腐ってポロッといっちゃってたのか。

あんな軽い力で折れるはずもないし。

さすがにヒザが震えるな、予想外の事態だ。

さて、どうする ・ ・ ・ 。

まだ、配管に生きてるネジ山は十分ある、か。

ヤスリでバリが残る末端の成形をしてと。

シールテープが必須の状況だが、なんとかなるかな。

急ぎ、新しい止水弁をコメリに買いにいく。

そして装着!

176

水圧をかけても漏れなし。これでなんとか、治まった。

シールテープ様のおかげでもある。

いや~、これで本来の手順に戻れる。

※実は漏水は以前から発生していて、

 最近の床はいつも少し濡れた状態だったことが

 後に母から聞かされる。

 「なんでか、いつも濡れてたのよ」

 なんだよ、いいタイミングだったじゃないか。

 これ遅れてたら大惨事だったかもしれんぞ。

 後日、元上司の水道配管工さんに聞いたら

 「地下水使用で、止水弁からタンクまでをフレキシブルで

 つないでないと、同様の事態がよく発生する」

 と教えていただいた。

 まさに、そのとおりだった。

次は、と。何するんだっけ?

ちょいとした興味でロータンク接続部の

ストレーナーの状態を確認してみると、

114

かなりひどい状態。

これでは、水の流れが悪いわけだ。

この詰まりが解消されると、水量がアップするかも

しれないな。

最後に、タンク内をオーバーフローさせながら

新しい止水弁で水量調整しよう。

古いウォシュレットと便座固定金具を取り去る。

195

さて、ここからウォシュレット取り付けだ。

まず、便座と便器をつなぐベースプレートに、

付属してきた台紙を一緒にセットして位置調整。

どうやら、この便器は大型サイズのようで

指示通りの場所にネジ位置を合わせる。

しっかりネジを締めたら、ウォシュレット便座を前から

差し込んではめる。

止水弁の上に付けた分岐配管に、ウォシュレット配管を装着。

なんという簡単さ。スムーズに進む。

漏水がなきゃ、超時間かからずだな。

199

最後にリモコンを壁に取り付けるが、

ここに一番、力が必要だった。

壁にリモコン台座をネジ止めするのが疲れた。

いや、漏水したせいで、疲れ果ててたのかもしれない。

新しい止水栓を買いに行った時間も含め、

3時間もかかってしまった。

でも、トラブルがなければ1時間くらいですみそうだ。

なにしろ、水浸しの室内清掃もあったもので。

天気の良い、秋晴れの作業でよかったよ。

これが長雨の最中だったら、

室内はなかなか乾かなかっただろう。

いや~、予想外に疲れた。

2015年7月11日 (土)

イワダレソウ植え付け

大雨の土砂崩れからすでに1年半以上、

実はいまだに裏山のガケ崩れと戦い続けている。

といっても、住居が土砂で埋め尽くされたり、庭が土だらけになったりは

一切ない。

ただ、いつまでもガケのままだと不都合な点もあるので、

手を加えている。そのひとつが、砂の流失防止だ。

3181

ガケの地層は粘土層や砂層、シルト層からなる。

このうち砂層は風によりその形状を保持できなくて、どんどん崩れている。

すべてが崩れれば、ガケではなくなるのだが

実際はもっと危険な、えぐれた不安定斜面が出現する可能性があるわけだ。

この望まない小さな土砂崩れを防ぎたい。

ここに種まきをしても、砂浜のように水分保持がまったくない。

そのため一番崩れがひどい場所では、芽が出ても枯れてしまう。

だから畑の土を水で練って塗り固めてみた。

4537

これはガケに蒔いたタネがたくさん発芽したときに、

使った手法。 

先に保水性のある土を用意しておくのだ。

その後、家の周囲で増えていたイワダレソウをここに植えつけた。

4079

このイワダレソウ、水道屋から「乾燥に強く、田んぼの畦に最高」という

情報を前から得ていたのだ。グランドカバーに最適らしい。

ただ、そのイワダレソウがどんなものかは、知らなかった。

まさか、うちの周囲で道端に繁殖しまくってるヤツとは気づかなかったよ。

植えたのは俺の母だった。まぁ、予想通りだけどね、そこはね。

4525

平スコップでイワダレソウをはがすと、根がネットのように入り組み、

まるで芝生のように扱える。これは強そうであ~る。

4540

斜面なので、イワダレソウを竹で刺して固定していく。

俺は丸い細竹。 父は孟宗竹を割いて使ってたな。

俺は適当派、父は本格派。 この辺にも性格がでるんだな。

でも、盛土ならいいが切土に孟宗竹割ったのは固くて挿しにくいと

思う ・ ・ ・ 俺、腕力がないから。

イワダレソウ植え付け:その後 2015年11月 

2015年3月21日 (土)

洗濯機の排水口

洗濯機の排水パイプや、排水口の汚れがすごいと、故障につながると

いうのをいまさら知ったので、清掃してみることにした。

洗濯機の糸くずフィルタ清掃はよくしていたが、

排水パイプはチェックしていない。

ちょっと、洗濯機からパイプを取り外してみよう。

741410

うむ、写真で見せられないのが大変残念だが、あまりにも汚かったので

掲載は無理です、ほんとうにすごい惨状だった。

これは、時々清掃すべきだな。

2015年2月 9日 (月)

傾斜天井へのホスクリーン

寒い冬、洗濯物は乾きづらく困ってしまう。

そして室内はエアコンの暖房により湿度が下がり、

たっぷりの加湿が必要だ。

この両者を一気に解決できるのが、洗濯物の部屋干し。

だが、どうやって洗濯物を干すのかという問題がある。

我が家では天井からぶら下がるホスクリーン(川口技研)という

優秀な棒に洗濯物をつるして乾燥させているのだが、

残念ながら、そのホスクリーンを設置しづらい部屋もある。

7

こういった傾斜天井には、そのままでは設置できない。

川口技研のホスクリーンは、天井傾斜2寸勾配までしか対応しない。

うちの屋根は5.5寸勾配。

天井はそこまで傾斜がきつくないが、そのまま設置するのは到底無理。

150

というわけでホスクリーンと、専用傾斜天井用パーツ SPKTを購入。

専用パーツを天井根太(野縁)につかえば、傾斜天井への設置が可能となる。

こいつは天井の勾配を伝えて生産してもらう、受注生産となっている。

でも、2週間かからず納品された。

60

まずは、天井の野縁がどこを走っているか確認した後、

台座(取付プレート)を固定する。

4箇所穴があるが、このうち使うのは2箇所のみ。

中央の穴は位置確認用だ。

台座の固定が住んだら、勾配調整の筒状部品(ブラケット)をつける。

166

このブラケットの切断角度によって、勾配を調整し水平にする。

この部品たちは、ちょと薄めの軽めな造りなので少々不安になるが、

ホスクリーンの耐加重から考えれば妥当な感じかもしれないな。

167

そこにホスクリーンの本体を取り付ける。

この本体は重くて、落とすと床に確実に傷がつく。

ええ、以前やっちまいました。 

なかなか重量感ある部品です。

68

カバーをつけると、このように。

傾斜天井にも水平に取り付けができました。

多少、傾きができてしまいましたが、実用上の問題は何もなし。

元々ホスクリーンは2寸勾配まで対応していますし、

美観の問題もそれほどでもありません。

176

できあがりは、このような感じ。

ポールを挿して使います。邪魔なときはクルッとまわせば、外れます。

ホスクリーン、個人的にかなり好きな商品です。

2015年1月29日 (木)

太陽光発電の清掃をする

犬の散歩中に家のほうを振り返ると、

なんだか屋根が汚れている。

うちの屋根は、太陽光パネルがついてるんだが、薄汚れた色に

なっている ・ ・ ・ 清掃するか。

ベランダから屋根をみてみると

3086

おっと、かなり汚れてきてるな。

簡単にタオルで拭いてみる。

3088

下半分が拭いたところ。 上が汚れたまま。

かなり差があるな。

今回は無理せず、上のほうまで拭くのはやめておいた。

なんだか、疲れちゃって。

2015年1月24日 (土)

換気扇の清掃

洗面所の換気扇や、風呂の換気扇が汚れてきた。

830

表面のホコリは時々とっているが、内部の清掃はしたことがない。

今回は換気扇を分解し、内部の羽根まで清掃してみた。

833

ものすごいホコリ。気分が悪くなるね。

10年のあいだ内部までは清掃していなかったから、

こんな感じになってしまったんだな。

ただ、キッチンの換気扇ではないから、ベトベト感はまるでない。

サラサラと乾いたホコリだ。

835

清掃後はここまでキレイに。

もちろん内部までピカピカだ。

使った道具はプラスドライバーとペンチだけ。

キレイになって大満足だ。

2014年12月 8日 (月)

玄関チャイムが鳴らない

記憶が確かならば、今年つけた母屋の玄関チャイム。

70

インターホンではなく、ただのチャイムだ。

こいつが、最近鳴らなくなっている。 

買って一年経っていなかった。

分解してみると、こんな感じ。

72

配線を直結すると、「ピンポ~ン」と鳴る。

タクトスイッチが悪いようだ。

薄っすらサビも浮いている。 我が家の環境には耐えられなかったようだ。

74

パナソニックのチャイム用小型押ボタン EG121Pを購入。

3A,30Vか。無駄に高いスペックだな。

双方のスイッチを分解して並べてみた。

76

パナソニック恐るべし、壊れそうな予感が全くしない堅牢な構造だ。

シンプルかつ、確実なメカニズムを持った商品だな。

ここまで基本の板バネスイッチとは。

ま、アルプススイッチは期待してなかったけどね。

77

装着完了。 「ピンポ~ン」と良く鳴るね。

あ、よく見れば配線曲がってるジャン。

この辺が、ペーパー電気工事士の腕前といったところか。

2014年11月 4日 (火)

LEDシーリングライト

両親の部屋の天井照明がヤバい感じになってきている。

7411

このような重量のあるなのだが、設置から35年が経過。

そもそも、なぜこんな立派な照明なのかというと、

「勝手に電気屋につけられた」

という、ウソのような本当のしょうもない話。

金額もしたのだろうが、愛着はない。

その照明がかなりサビてきた。

74111

雨天でも網戸にする両親の換気方法によって、生み出されたサビたち。

湿気をたっぷり浴び、35年もすればさびるだろう。

構造としてはしっかりしているので、落下の心配はないが、

精神的にはよろしくないし、老眼には暗いのはつらいので

明るい照明に変えることにした。

選択した機種はPanasonic LED HH-LC775A、調色・調光ができる

LED照明だ。

75111

購入しカバーを外すと、このようにLEDが並んでいる。

調色・調光タイプにした理由は、状況によって色合いや光量を

調整することによって、目の疲れを軽減できるから。

老眼の乱視な母には、必要な機能だ。

設置には丸型フル引掛シーリング WG5015を使った。

77441

今までは近付けだったので、今回はこの配線器具が必要になった。

この引掛シーリング、ネジの落下防止機能がついてて

すごく設置しやすかった。

あ、私はちゃんと電気工事士の免許もってます、本当です。

高校生のとき取得して、実務経験もありますです。

そこに照明器具付属のアダプタをつけ、本体を差し込む。

75112

カチッ、カチッと2度音がするまで押し付け、アダプタの

大きなツメ2個が見えるまで押す。これで設置完了。

今回使ったフル引掛シーリングや、角型引掛シーリングのように

高さが22mmある高めの配線器具のときは、2度音をが鳴る。

あとはカバーをつけ、リモコンの電池をいれるだけ。

76112

なんて軽い照明器具なんでしょう。

しかも明るく、色温度も変えられる。

便利で快適だな。

価格もかなり下がってきたので、使用頻度の高い照明には

LEDへの換装も今後は考えようかな。

より以前の記事一覧

ウェザー

  • 天気
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ