自転車

2018年6月15日 (金)

自転車でリハビリ走行

退院したものの、体力がかなり落ちた。
   
筋力は、それはそれは恐ろしいくらい落ちた。
   
サイクリングでリハビリしよう。


   
ロードバイクではなく、折りたたみ自転車で
   
ダラダラと近所を走る。
   
Dsc_0052
   
さすがに交通の迷惑になるようなフラフラ走行ではないが、
   
ほとんど車が通らない裏道・田舎道を走る。
   
Deuterのバッグすら、背負う元気もなくカゴに入れている。
 
とはいえ、自転車に乗れるだけ元気になったともいえる。
 
でも、まったく坂が登れない。
 
いままでも非力だったが、筋力がなくなってしまっている。
 
ふぅ、先が思いやられる。

2018年5月27日 (日)

日産リーフにロードバイクをのせる。

これまで、T32エクストレイルZE0リーフE12ノートLA600Sタントにロードバイクをのせてみたが、今回は、こちら。
 
499
 
この、目つきの鋭くなった、日産の2代目リーフ(ZE1)にロードバイクをのせてみた。
ひとまず、いつもの積み方を試してみよう。
 
591
 
こんな感じ。まぁ、そうだろうなぁといったところ。右後部座席のみ倒している。
ただ、初代リーフよりは開口部の雰囲気が違うのか、載せやすい。そんなに変更になった気はしないのだが、少しやりやすい感じ。
 
595
 
後部座席をすべて倒し、ロードバイクのハンドルを運転席の後ろあたりに配置するようにしてみた。
あれ?なんか余裕がある感じ。
 
前後ホイールを積んでみる。ついでに、あれもこれも・・・
積んでみる
599
 
ああ!気がつけばロードバイク3台に前後ホイール3セットが積めている!
乗員は前席の二人分しかありませんが、自転車はそんなに苦労せずに積めてしまったというのが正直な感想。さすがにシティサイクルは積めないだろうけど、意外に積みやすい。
 
フレームサイズは、3台とも520程度(ホリゾンタル)。でも、ジオメトリやシートポスト長さで差が大きく出ますんで、サイズはほんとに目安ですが。
ホイールはバッグに入れて、フレームは得意のシートベルト活用法などすれば、バイクに傷もつかないだろう。
 
ふむ、先代のリーフのときは検討不足だったな。ちゃんと観察すれば初代でも2代目と同じくらい積めたかもしれない。
 
T32エクストレイルも2列シート車なら同じくらい積めそうだが、車高が高く、荷室にちょっと工夫が必要な感じだった。リーフのほうがやりやすかったのは印象的。

2018年4月 7日 (土)

直すぜ!3本ローラー!

40代後半にて、やっと乗れるようになった

三本ローラー。

よろこんで乗っていたが、一ヶ月もすると

「ゴロゴロ、ゴロン」

と、ローラー台から音がするように。

どんどん音は大きくなり、

二ヶ月後には

「ゴンゴロ、ゴロン」

と、夜中に乗るには問題となる音量に。

これはいかん!

直さないと。

17mmの工具とハブスパナたちを使って、

三本ローラーをバラす。

768

それほど構造は難しくないので

ネジとナットの順序だけ忘れなければ

特に解体・組み立てに悩むことはなさそう。

772

おおおお!!

こ、これは割れてるじゃないか!

でも ・ ・ ・ 

割れた部分さえ捨てれば問題なさそうだ。

音鳴りの原因はコレかと思ったが、

ローラーを手で軽く殴ると、

「ビ、ビィィィン」

変な振動した音がする。

ローラー内部に問題があるようだ。

767

ベアリングを抑えているナットを外し、

赤い樹脂部分を筒から引き抜いてみる。

「ガタガタッ!」

とガタつきながら、それは取れた。

90

この白い粉、樹脂が削れたのか?

それで太鼓みたいに内部で振動して音が大きくなっていたようだ。

しっかりハメ直して、元通りにするが

また赤い樹脂にガタがでたら困る。

接着剤を流し込みたい衝動に駆られたが、

ひとまずやめておく。

理由は、本当にここが原因か不明だから。

もう一度分解するときに接着剤が仇となるのは

避けたかったので。

代りにといってはなんですが

94

水道配管用のシールテープを巻いてから

組みました。

コレで強化はできたはず。

で、乗ってみた ・ ・ ・ ・ 。

すると、

すご~く静か、振動なしのスムースさ!

これ、完治かな。

夜中に屋内でローラー台やっても

誰からもクレームないでしょう!

めでたしめでたし  ・ ・ ・ と、

思っていたら。

二週間後に、また音が!

しかもどんどん大きな音に!

・・・あ、また分解っすね。

中を見ると、シールテープがすべて端に寄ってた。

テープが一箇所に集まって、

またスキマができたのね。

92

ということで、マスキングテープを巻いて

組み直した。

この粘着テープで処理した理由は、

紙なので薄く巻けるという点。

ビニルテープだとちょっと厚いかな、と。

シールテープと違って粘着性があるので

組むときにはちょと気合が必要でした。

あ、両面テープが一番正解だったかも?

とにかくまた分解することを考え、

接着剤は使わない。

とりあえず、これでどうだろう。

ついでに組む際にはベアリングを抑えるナットも

ガツンときつく締めて、と。

結果は

「ゴン!ゴン!ゴゴゴン!」

え、なんで?なにこの振動!

・ ・ ・ また分解

・ 

原因は簡単なことだった。

ベアリング両端のナットをきつく締めすぎてた。

あれですよ、ホイールのハブ玉当たり調整で

締めすぎちゃってゴリゴリいってるのと同じ。

そこを直すと、

スムース!静か!

正しい直し方ではないだろうが、

今度こそ、直ったぞっと!

2018年1月24日 (水)

3本ローラー、はじめました

あれは、時を遡ること6年前。

職場の方から、3本ローラーを譲ってもらった。
MINOURAのActionRollerAdvanceというモデル。

776

固定ローラーしか持っていなかった私に、
「新しいの買ったから、これ使って」ということで、
さほど使用感のないやつを頂いたのだった。

「え?その年で3本ローラー?無理じゃん?」
という声が仲間たちからは聞こえてきたが、
いただいた高価な商品、無駄にはできない。
取り扱い説明書を読みながら、自分のロードバイクに合わせて
サイズ調整をし、いざ!乗ってみたもの、の・・・・。

周囲の予想通り、まったく乗れず。

なんとか乗り出すことに成功しても、長時間乗り続けられない。
ペダリングのまずさが主犯なのか、脱輪もする。
しかも、いざやめようとしても、足をうまく着いて
停車することすらうまくできない。
「ヤベェ、これは転倒して、大怪我する」
そう感じてしまい、頂いてから一ヶ月した頃には・・・
「ま、固定ローラーあるし、これで充分」
と、自分に言い聞かせ折りたたんで収納してしまった。
なんとも情けないが、怪我怖いので・・・。

しかし、私は立ち上がった!!
あれから6年が経ち、更に老いたカラダにムチを打ち、
3本ローラーに乗ろうと決めたのだ!
一輪車乗れたから(ちょこっとね)
こっちもちょこっとイケそうな気がしてきたのだ。
あと、この3本ローラーを売っている方と話をしたことも要因。
「現行のMOZ-ROLLER もActionRollerAdvanceとベルトなどが共通だから、古くなっても消耗部品供給できるのでずっと乗ることができますよ」と、教えてもらったから。
ほほう、ずっと、乗れるか ・ ・ ・

すいません乗ってないんですけど、俺!

よし、頑張って乗れるように練習しよう。
でも、スタートのふらつき補助 & 転倒防止のために
ローラーの周りに、このような柵(檻?)を
作成してから始めた。

657

情けないが、怪我するよりはね ・ ・ ・ 。

この柵、娘が歩きはじめた頃に使っていた、
ベビーケートやベビーフェンス達。
頑丈でデカくて、捨てるにも困っていたこいつらを
一度バラバラに分解し、ローラーの周囲に
太いインシュロック・タイバンドで縛り付けるなどしたもの。

突っ張り棒が窓にもあるが、これもフェンスなどの一部。
よろけて体重がかかっても、倒れないように工夫して組み上げた。
非常にバカバカしいとは、わかっている。
そこまでして乗る必要あるのかと、自分でも思う。
でも、どうせベビーゲートもゴミになってるし、
3本ローラーも寝たままだし、俺のプライドもあるし ・ ・ ・ 。
今乗れなければ、いつ乗れるというのだ!

で、気合を入れてやってみた。
とりあえず、めげずに集中してできるのは
10分が限度だろう。
取扱説明書に書いてあった、初心者向けのコツ。
「ハンドルの真ん中あたりを持つ、ギアは重め」
というのを心がけながら走り出す。
このほうが安定しやすいのだという。
ブレーキが握れるブラケット付近を持たないと不安だが、
そもそも3本ローラーはブレーキ禁止なので問題ないのか。

柵につかまりながら、ヨロヨロとはじめるが、
あれ?いけるかも?
周囲にすぐ掴まれる物がある安心感も手伝い、
なんか、うまくいく、ようだ、ぞっと。
といっても、ふらつく瞬間があり、すぐ倒れかかる。
そしてガシッ!と柵に掴まったりを何度か繰り返す。

8666

お、おっかねぇ~。

10分、あっという間に終わる。・・・・・もうちょっと、やってみるか。

休憩後、もう10分だけやると、なんか上手になってきた。
でも疲れてこれ以上は無理。
倒れそうで、緊張してるのもあるし。

翌日、その次の日も練習すると、
これが三日目には30分位乗っていられるようになった。
一度乗れてしまえば、なんか楽、できてる!

翌週には、テレビ見ながら乗れるくらいの余裕が。
ま、テレビ見ながらじゃダラダラでトレーニングには
ならんでしょうが・・。
ダラダラと乗れるくらいになったのは自分でも驚き。
数日前の気合い入れて10分だけ!は、どこにいったのか。
前ローラーの脱輪ガードも付いてますが、いらないな、コレ。

とりあえず乗れるようになって、めでたしめでたし。


 

2018年1月 2日 (火)

中年・一輪車、はじめました

一輪車、始めました。

じつは春からトライしていたことが ・ ・ ・ 。
それは、一輪車。

娘が小学校で一輪車をはじめたのだが、
なかなか上達しない。
というか、本人がそれほどやる気をださない。
学校の同級生と一緒の時は頑張って練習するようだが、
自宅では・・・あまり練習しない。
スイッチが入れば集中するが、そこまでが長くてゆったりだ。
「練習しなさい!」と言ってもあまり効果ないだろうし、
ここは俺が初心者ライバルとして立ち上がれば、
本人も負けず嫌いではあるのでやるようになるだろう!

というわけで、
いつもの自転車屋さんに注文して届いたのがこちら。

Dscn7941

そこそこ大きな箱。ブリヂストンの一輪車、スケアクロウ20インチ。
身長168cmまでの適応サイズだから、ちょっと小さいが
俺の足は短いのでちょうどいいだろう。

Dscn7943

組み立てが必要だが、自転車のサドル高さ調整と同じ作業。
だれでも組める。
5分もかからず組み立て終了。
さて、乗る前に準備を・・・

Dscn7949

ヘルメットをかぶり、ヒザ・ヒジ・手首にガードを装着。
防具はちゃんとつけてみた。
社会人であるのだ、ケガして家族に迷惑や、
仕事に差し支えるのは避けたい。

さて、以前みたネットの情報によれば
未経験者が一輪車に「乗れます」といえるレベルになるには、
子供で数週間、大人で数か月、中年以上は・・・数年?という
噂を聞いたことがある。
TOKIOリーダー城島と同い年の俺は完全に中年。
つまり数年か・・・・
ってことは、こいつには乗れないかもしれないってことか?

Dscn7947

可愛らしいパステルカラーで、中年には似合わないコイツ。
それでも乗りこなしたい。

・・・・まぁ、結果なんですが、

週に一度練習するペースで練習。
半年後の晩秋には、50mくらい何にもつかまらず、
乗ることができるようになった。

乗れるようになったじゃん!少しだけど!

ヘルメットやヒザ&ヒジガードは活躍しませんでした。
ただ、前にころんだときに手首のガードは役立ちました。
あまりに勢い良く倒れたんで、骨折れたかと思いましたが。
備えあれば、ですな。

その練習方法ですが、
最初はひたすら壁につかまってサドルに乗り、
前に乗り越えて降りるを繰り返した。
これを30分、ずっと続けていると一瞬だけバランスが取れる感覚が!
こればかりを数日繰り返すと、そのうちに10分くらいで感覚がつかめるように。

「あ、俺、乗れるようになるかも、これは!」
なにかよくわからん自信がついた。
でも・・・、体力的に30分もやればへとへと。
一瞬またがって、降りるだけなのに、転倒の恐怖もこの練習で
かなり減った。
結局、毎回準備運動のようにこれをおこなった。

そのうち、その様子を見かねた父が
足場パイプと古い物干し竿で、

Dsc_1604

このようなつかまり棒を庭に作ってくれた。
制作時間、30分足らず。
ハンマーでパイプを地面に打ち込み、竿を綱でしばるだけ。
もちろん私のためにではなく孫娘のためだが。
壁につかまるより、かなりやりやすい。

こうなると、2ヶ月後には1メートル乗れるように。
たった1メートルだが、乗っている時間が1秒はできた。
これは大きい。サドルに載っている時間ができたのだ。

ここまでが長かった、心が折れそうだった。
でも、先がほとんで見えなくても地道に続けていたら、
急にコツがつかめて数メートルが10メートルになり、
そこからは数十メートル乗れるようになった。
半年かかった。

運動神経がいい人なら中年でももっと短期間でできたろうが
努力すれば達成できるというのを、久々に味わえた。
この方が嬉しかったな。

ただ、乗りだしは壁やポールがないと無理。
一人乗りだしが、ちょっと無理。
何度練習しても、股間が・・・・痛いの・・・・。
男性な部分が潰れそうに毎回なってしまう。
位置の問題、か?

2017年12月 5日 (火)

タントに自転車2台載せた

ダイハツのタント(LA600S)に自転車を2台積んだ。

ついでにロードバイクを積んでみた。



娘の自転車が24インチになった。

ただ、いきなり大きくなったので、

すこし、練習しないと乗り出せそうにない。

だから家からすこし離れた車通りのすくない場所に

タントに自転車を積んでいってみることにした。

タイヤがよごれていたので後部座席をたたみ、敷物をして

娘の24インチと、母の折りたたみ20インチを積む。

8292

なんと、これがすっぽりと収まってしまった。

ちなみに20インチ折りたたみ自転車は、

なにも細工せずそのまま積めた、逆向きだけど。

タントすごい、なんという収納力。

シートベルトをサドルに一周回すだけで、軽く固定できる。

近所なら、これで十分倒れずにすんだ。

室内床面も低く、開口部大きいから載せるのも下ろすのも

すごい楽。

ラクチン、楽ちんだよ、タント。

ならばロードバイクはどうだ。

いくら軽量細身とはいえ、ホイールはでかい。

8294

が、簡単に2台積載できた。なにも工夫せずだ。

いや、ちゃんと車載したら3台イケるかも。

ま、座席は二人分しかありませんが。

前輪は前後席のスキマに差し込んでいる。

だから、前席の足元はそんなに余裕はない。

いや、バイクを斜めに配するなど改良すればも

後ろに席をスライドできるからもっと広くなるかも?

また、走行時に倒れない工夫も必要だが、

きっと、どうにでもなるだろう。

シートベルト活用などすりゃ、余裕。

しかし、恐るべし積載力だな。

トランスポーターとしては、背が高いことがこうまで

有利に働くのかと、感心した。

 


 

2017年6月 6日 (火)

犬吠埼エンデューロに参加

犬吠埼エンデューロに参加した。

朝早いんよこれが ・ ・ ・ 。

2211

でも、早朝の犬吠、景色がいいね。

絶景エンデューロと言うだけのことはある。

2234

宇都宮ブリッツェン チーム ゼネラルマネージャー 廣瀬さま、

今日もカッコエエなぁ。

バイシクルクラブ編集長の岩田さまの姿もあった。

2444
参加選手の中には、海外の大会にも出場経験がある選手も。

オーラがあるな、やっぱり。

俺の成績は ・ ・ ・ 

まぁ、こんなもんでしょう的な感じでしたよ、はい。

2844

銚子市、観光協会、スポーツコミュニティー、千葉科学大学など

多くの協力のもと大会は運営されていた。

ありがとうございます。

帰りの道は、

2999

エンデューロコースの脇の、素敵な道で帰りました。

この木漏れ日よかったなぁ。

意外な発見で、大収穫。

2017年1月 9日 (月)

霞ヶ浦一周でダイエット

本日のサイクリング予定は霞ヶ浦一周。

なんと霞ヶ浦大橋を使わず真の一周、

可能な限り湖畔の道を走る、128kmのサイクリングだ。

しかも今回はイジリのダイエット目的!!

0123

朝8時集合、この寒空のなか走るわけだ。

筑波山もかなり先に見える。

よく見ればその奥に、栃木県の男体山も見える。

さて、走り出す前に、

イジリの体を体組成計で計測。

8888

体重はともかく、体脂肪率は

驚きの!

1111

軽肥満の26.2%。

おいおい、ロードバイクとウォーキングが趣味の男の

体組成とは思えませんなぁ。

どこまでサイクリングで減るのだろうか?

今日一日頑張っても、カロリー計算からすればそれほど ・ ・ ・ 

いや、気にしてはいかん! やる気が大事だ!!

今回のサイクリングは、足かせが付いている。

基本、補給食なし。

なんと、128kmを何も食べずに走る ・ ・ ・ 。

ダイエット目的とはいえ、かなり強引な設定だ。

さすがに俺の方は燃料切れになってしまうので

6666

どら焼き1個のみ食べられることにした。

ああ、「道の駅たまつくり」で販売されている鯉の甘露煮も

ナマズのバーガーも食べられないとは残念だ。

5555

食いてぇ、大好物の鯉。 今回は我慢だ。

オレ一人いつものようにバクバク食うわけにはいかぬ。

走り出すと、寒いし向かい風でかなり疲れる。

ハンガーノック(燃料切れ)にならないよう、

時間はかかるが約20kmごとに休憩をはさむ。

休憩を多めにしていかないと、一周できそうにない。

速度はもちろん控えめ。

4444

俺に比べると、イジリの元気なこと。

やはり、体脂肪の蓄えが違うのか。

さらに体脂肪の断熱能力で、内蔵が冷えない。

デブはいいなぁ、冬に適している。

ゆっくり走りすぎ、かなり日が傾いた頃にゴール。

後半はかなり疲れた、どら焼き一個ではなぁ。

イジリは元気。差が出たな ・ ・ ・ 精進せねば。

彼はちゃんと無補給で走りきった、すばらしい。

さて、イジリの霞ヶ浦 128kmサイクリング無補給結果は

2222

おい、全く脂肪が減ってないじゃないか。

体重は少し減ったが、そりゃ汗か?

ま、パーセントの話だからな、重量は減ったかもしれん。

でも短時間ではやはりそれほど痩せないか。

それにしても、デブは補給食いらずは真実だったか。

ゆったりサイクリングで、彼に「美味いもの」を

食べさせる必要はないな。

2016年12月 3日 (土)

T32エクストレイルにロードバイク

日産リーフや、ノートにロードバイクを積んでみてはいるが、

今回はT32のエクストレイルにロードバイクをのせてみた。

894

ずいぶんと先代、先々代とは変わった印象だ。

コンセプトもかなり違う。

さて荷室は~と、せ、せ、狭い。 いや、低い!

天井が低く、床も高いので積みづらい。

7899

前輪を外したままでT31は工夫すれば積載できるが、

T32ではジタバタやって、こんな感じ。

後輪が浮いているのは、前輪が着くはずのフォークが

後部座席足元に落ち込んでいるから。

荷室高が低いので、そこまで押し込まないと

サドルそのままで縦にうまく入らなかったのだ。

逆向きも試したが、うまくできず。

では、前後輪を外して積むしかないか。

いつものパターンで ・ ・ ・ ・ と、

7904

これでは、ノートと一緒ではないか。 このボディサイズで!?

開口部も入れづらいし、車高高いし、う~ん ・ ・ ・ 。

べ、別の積み方は ・ ・ ・ 。

7908

これも、ピンとこないな。

3人乗車で、3台ロードって無理っぽいな。

先代T31では可能なんだが。

ん~、屋根の上には乗せたくないなぁ、ぶつけたり汚すから。

もし、自分でこのT32エクストレイルを買ったとしたら、

7906

ラゲッジボードを外して、このスペアタイヤの上にある薄い板を

補強して耐荷重をあげ、積載するだろう。

車内高さえあげれば、かなり積みやすくなりそうだ。

後輪を外さずにすむだけで、かなりレイアウトは増える。

ちなみに買う予定は ・ ・ ・ ・ ない。



日産ノートにロードバイク 2016年11月


リーフにロードバイク 2014年11月

エクストレイルにロードバイク2台&3人乗車 2013年8月

ティーダにロードバイク 2012年10月


超鉄ゲタホイールmk II

日産ノートにロードバイク

E12型ノートにロードバイクを積んでみた。

Dscn7806

発売されてもう4年か、2年位かと思っていたが。

そんなに時間が経っていたんだな。

積むのはいつも通りに重いアルミフレームで、古いコンポ。

当然、超鉄下駄ホイールシステムになる。

Dscn7819_3

おもったより、荷室の自由度がない。

座席は倒さずだと、このような積み方となる。 

サドルが高ければ、リアディレーラ周囲に余裕がでそうだ。

では、後部座席を一部倒して乗せてみる。

Dscn7827

これだと、荷室が広く取れるので、バイク以外の荷物を乗せやすいが、

う~んバイクの固定がうまくいかない。

倒した後部座席と荷室の段差が大きく、うまい置き場所が

決まらない。

しかも、俺が得意とするシートベルトを使った固定がやりづらい。

よろしくないなぁ。

Dscn7834

後部座席においてみた。シートへの汚れ防止ができていれば、

シートベルトで固定しやすいし、これもいいか。

いや、面倒だな、これこそ。

T32エクストレイルにロードバイク 2016年11月 

リーフにロードバイク 2014年11月


エクストレイルにロードバイク2台&3人乗車 2013年8月

ティーダにロードバイク 2012年10月


超鉄ゲタホイールmk II

より以前の記事一覧

ウェザー

  • 天気
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ