ペット・動物

2018年7月22日 (日)

バナナトラップ

カブトムシやクワガタを捕まえるのに有効な罠、
バナナトラップ、またはフルーツトラップ。
何度か作るうちに、コツを掴んだ気がする。
 
1055
 
用意するのは、バナナを2本ほど。小さめなら3本。 
砂糖100g、焼酎100mL、ドライイースト少量。
これらを密封できる袋に入れて、仕上げは木にハケで塗ったり
水切りネットに入れて仕掛ける。
 
107 
密閉できる袋に、1cm幅程度に皮ごと切った
バナナを入れて、ドライイーストを入れる。
今回はホームベーカリー用の3g小分けタイプを使った。
 
108
 
砂糖(グラニュー糖や上白糖でいいとおもう)を、入れてよく混ぜる。
混ざったら暖かい場所に置く。 焼酎はまだ入れない。
決して真夏の炎天下に置いてはいけない、明るい日陰で十分だ。
なぜならば、せっかくイーストを入れたのだから、
彼らが死滅するような50℃に達するところに置いては無意味だから。
暑い場所ではなく、温かい40℃程度の場所に置く。
するとイースト菌が砂糖とバナナの糖分を食べて発酵がすすむ。
糖をアルコールと二酸化炭素に変換・・・?
バナナカクテルが好きってことか?カブトムシ?
 
110
     
真夏の明るい日陰で3時間。 爆発寸前だ。
ここでガス抜きをするが、1時間もしないうちに
また爆発寸前になる。
再びガス抜き。 嫌な匂いは全くしない。 あまいバナナ臭が漂う。
    
118  
泡だらけのバナナ。 そこで焼酎投入して出来上がりとなる。
嫌な匂いはしない。4時間で完成。
温度が高かったり、最初に焼酎投入すると発酵は遅くなる。
特に温度が高くてイースト菌が死滅したら、
別な菌が繁殖してしまう。
それじゃ、イースト入れた意味ないですよね。
   
119
     
まだ明るいうちに、クリの木にバナナトラップを塗る。
私がクリの木を選んでいる理由は、
  
1.アクセスしやすい場所に植えられ、収穫時期ではない夏は他人が罠に気づかない。
2.幹が低い位置で枝分かれしている形状のことが多く、バナナを塗りやすくたれにくい。
3.明るい時間帯は樹液がでているクヌギに、オオスズメバチがいることがある。
4.クリもクヌギもブナの仲間で、どちらもカミキリムシに食害されてるし。
  
といった理由で王道のクヌギには仕掛けていない。
    
120
 
ちゃんと、やってくるんですよ、カブトムシ。
仕掛けた夜はカブトムシのメス2匹でした。

2年前の記事
では、もっと捕まえてるな。

ただ、マムシの子供とよく会うんだよな、夜は。
    
Dscn8940
 
写真ボケでますが、この日は3匹と遭遇。
ヤマカガシの幼蛇ではないですよ、
本当にマムシの幼蛇。
幼蛇のときは似ているといっても、
子供の頃から見慣れたもの。間違いません。

光を当てれば逃げ出していくのですが、
やっぱり怖いです、マムシ。

朝、4時に再度トラップを確認すると、
  
350   
オスを2匹、メス1匹を捕まえた。計5匹。
やはり効果絶大だな、バナナトラップ。
 
 

2017年6月16日 (金)

ネズミを捕まえたくてワナを3種類も買った。

最近、作業場にネズミが出るようになった。

そのせいで冬と春を越した出荷待ちのサツマイモに

食べられた被害が出ている。

うちにでるネズミは、たぶんクマネズミ。

田舎だし、芋をかじるから。

被害が出るようになった原因は、わかっている。

ネズミをよく食べて捕まえてくれていた愛猫が年老いてしまい

活動量が落ちてきたせいだ。 

これは、俺がなんとかしなくてはいけないな。

というわけで、ねずみ捕獲器を購入した。

21111

しかも、3種類だ。

左から高儀 ねずみ捕獲カゴ 角型 (小)、

真ん中は、PLEMO ネズミ捕り。

そして、なぜか2個セットのVENSMILE のネズミ捕獲器。

高儀のカゴは、昔ながらの構造なのですぐ理解できた。

思いのほかバネが強くて、セットするのをうまくやらないと

自分が痛い思いをする。

このなかでPLEMOだけは、取扱説明書を読まないとよくわからんかった。

しかも、

21121

この餌をセットする部分がなかなか開かない。

構造も凝っているせいで、最初はやりにくかった。

ただ、理解すれば簡単だ。

VENSMILEは、小さい。とにかく小さい。

子ネズミしか捕まえられないだろう。

ただ、うまく設計してあり好感が持てた。

こいつのデカいのがあれば、おもしろいのにな ・ ・ ・ ・ 

36555

エサは、日持ちするねずみ捕獲器用のエサを購入。

これはホームセンターにて購入。

「そんなエサじゃ無理、食べないよ」と、父の弁。

やってみねばわからんだろう、だめだったら考える!

22111

それぞれ設置してみた。

そして、・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 1週間。

捕まらない ・ ・ ・ 設置場所を変えてみた。

2週間経過、捕まらない。

エサを新しいものにして、さらに場所を変えてみた。

3週間経過、捕まらんではないか!

原因を考えよう。

設置場所は悪くないはずだ、罠も問題ないはず。

となれば、エサが悪いか ・ ・ ・ 。

父は「野菜のエサ」を主張するが、

ネズミがクマネズミではなく、ドブネズミだった場合には

野菜では近づいてこない。

では、どうする?

ドブネズミはバターやチーズなど動物性のもの、

クマネズミは穀物など植物性を基本は好むらしい、基本は。

バター、穀物 ・ ・ ・ ・ か。ふむ、エサは決まった。

39999_2

ヤマザキ製パンの大ヒット商品。

ランチパック・ピーナッツ!

パンの内側に、ピーナッツクリームたっぷり。

この美味しい香りには、どんなネズミも誘惑に耐えられまい!

このランチパックはすぐれた加工により手で持ちやすい。

だから、小さくちぎっても

「高儀 ねずみ捕獲カゴ 角型」のエサフックに

しっかりと刺して固定できてしまう!ブラボー!

よくわからない興奮に包み込まれたまま、ワナを設置。

翌日の朝には、

45684

すばらしい! 一晩で捕まったではないか!

これまでの3週間は、何だったのだ ・ ・ 。

観察により、うちで出没しているネズミの種類が確定。

耳がでかくて、尻尾が体より長い。 つまり、クマネズミ。

カワイイし、美しくも感じるが ・ ・ ・ 飼うわけにはいかない。

3884

ほうほう、君も気になるか、このネズミが。

でも、年老いたあなたには食べさ捕まえさせてあげません。

もう、胃腸足腰弱ってるだろうし。

この翌週には、ランチパック・ピーナッツの威力により

高儀 ねずみ捕獲カゴで 2 匹、 PLEMOでは 1 匹捕まえた。

VENSMILE のネズミ捕獲器は 0 匹、

高儀は空間が広くなければいけないし、

バネが強くて設置に気を使う部分があるが、完成された形。

PLEMOはスキマに差し込めるので、どこにでも仕掛けられる。

VENSMILE はクマネズミには小さすぎたようだが、

ハツカネズミや、子ネズミには有効かもしれないな。

2016年8月17日 (水)

カブトエビ

トイザらスで、このような商品をみつけた。

5566

「生きた化石」をふ化させて育ててみよう!と、パッケージにある。

このシー・モンスターズ飼育キットは、

なんと生きた化石のカブトエビ飼育キットなのだ。

子供の頃、あこがれたんだ・・・カブトエビの飼育!!!!

6651

開封すると、かなり詳しい説明。

これは感心、カブトエビの習性などものっている。

水をいれて数週間後。

7588

このように立派なカブトエビが元気に泳ぎまわっています。

1匹だけです、共食いするので!

脱皮して大きくなるんだな、こいつ。

隣に脱いだカラがあるでしょう ・ ・ ・ 。

88124

裏から見ても、なかなかの姿。

このカッコ良さ見られるのは2ヶ月ぐらい。

なんとも寿命が短い。

そこは残念だ。

どんぶり金魚

夏祭り。することといえば、やっぱり金魚すくいか?

97

小さい、すごく小さい金魚だ。 まずは、どんぶりで飼育。

塩水浴(塩分濃度 0.5%:重量)で、どんぶり金魚する。

このまま2週間、毎日塩水をつくり水換えする。

94

すでに花見の時にやってきた、金魚すくいの3匹もいるのだが、

この小さな金魚も2週間たってから、こちらの水槽に仲間入り。

さて、うまく仲良くできるか ・ ・ ・ いじめられないだろうか?

104

一緒にして5分ほどはうまく馴染めなかったが、

30分後には4匹で泳ぐようになった。

ずっと前から4匹だった?と思ってしまうほど仲がいい。

これは予想外だった。

2016年8月 7日 (日)

カブトムシを捕まえに

カブトムシを捕まえにいってみた。

最近は家の網戸にぶつかっきたり、畑のスイカに取りついた

カブトムシを確保するだけで、自分から集めにいってはいなかった。

今回は、バナナトラップという有名な捕獲手段でやってみた。

まずは食べずに黒くなりかけになったバナナを用意し、

皮ごとちぎってビニール袋へ。

それを揉みまくって、柔らかくなったら焼酎を少し加える。

入れ過ぎると柔らかくなりすぎ、木に塗りにくい。

ゆるくなってしまったら、たっぷり砂糖を入れれば大丈夫。

これを夕方のうちに木に塗りに行く。

塗ったのは、雑木林近くのクリの木。

クヌギでなくても、夜に立ち寄りやすい木ならなんでもいい。

バナナ&焼酎という「寄せ餌」が塗れればいいのだ。

夜9時近くに、寄せ餌を塗った木に向かう。

すると、

456

ノコギリクワガタ 2匹。

789

カブトムシ 2匹

977

そして、コクワガタも2匹集まっていた!

夜にい屋外にでたついでに、ホタルが住んでいる場所にいきそちらの観察もした。

ホタルはヘイケボタル。時間が遅かったので、

彼らはすでに頭上の木の枝に移っていた。

数匹、木のうえで光っている。

たまたま手元に飛んできた一匹のオシリを撮影。 

1031

意外に明るい光なんだよな。



2016年7月15日 (金)

メダカ稚魚の成長

メダカ稚魚が成長して、

N4

オタマジャクシみたいな感じになり、

さらにメダカ稚魚たちは大きくなり

Ds5

ここまで魚らしくなりました。

一時的にガラスの器に移したのだが、小さいのから大きいのまで

かなりの数になってきたな。

2016年6月15日 (水)

金魚すくいのあと

産卵した関係でメダカの話ばかり書いているが、

実はメダカより 1ヶ月早く飼いだした奴らがいまして。

157

この金魚3匹。 手前から1号、3号、奥を2号と命名。

他にも金魚は飼っているのだが、それは屋外。

こいつらは室内飼い。

花見の時に、金魚すくいによって我が家にやってきた。

当初あまり元気がなく、特に2号はほとんど動かなかった。

・ ・ ・ 金魚すくいの金魚は、やっぱり長生きしないのか?

これは、死んでしまうのではないだろうか ・ ・ ・ 。

そこで、子供向けの科学雑誌で知った塩水浴(塩分濃度 0.5%:重量)を

おこないつつ飼育したところ、これが驚くほど元気になり、

N6

元気良すぎて、うまく写真が撮れないくらいに動きまくる。

水槽もグレードアップ。

金魚って、こんなに暴れるくらいの勢いて泳ぐものなのか?

死にそうな気がまったくしない。巨大化するまで長生きしそう。

2016年6月12日 (日)

メダカ稚魚

メダカの産卵。」で、 タマゴだった彼らだが、

S722

もう、泳ぐようになりました。

小さい、ちいさいよ君たち。 

あまりにも小さくて、見失うと再発見に時間がかかる。

ボウフラみたいなサイズで、キレッキレの素早い泳ぎをしている。

かなりカワイイ。

それにしても、孵るのはやいな。

暑くなってきたせいか、10日間ほどで稚魚になった。

しかも、どんどん稚魚になっていく。

タマゴの時の管理は水道水がベストだったが、

今後はちゃんと水質管理が必要になる。まいったな。

数カ月後には、きっと

N1577

このような姿になるはずだ。

2016年6月 4日 (土)

メダカの産卵。

娘が、旭市の道の駅でメダカを買いたいと言ったのは、

ゴールデンウィークだった。

メダカって、毎年田んぼで捕まえてるのだが。

ん? 黄色が欲しいって? 黒じゃダメ?

そうか、田んぼにはいないから仕方ないか ・ ・ ・ 。

N_1576

楊貴妃半ダルマメダカ 「初恋(はつこい)」、とのことだが、

だるま ・ ・ ・ といえば、ちょっと丸いか?

大きくなると、色が濃くなるという話だが、確かに濃くなってきた。

と、思ったら産卵しだした! 

産卵期の婚姻色で、色濃くなっていたのか!

水草についた卵を水槽から取り出し、観察してみる。

使うのはKenkoの、STV-120M 、60-120倍の携帯型顕微鏡。

N7125

小さく持ち運べ、LEDライトも付いているので対象物が明るく見やすい。

でも、魚の卵を見るのはなかなか難しい。

ズームは60倍、フォーカスを合わせてみえた映像が、

N716

おお! 目玉しっかり、心臓も血を送り出すのがよくわかる。

すごい、めちゃくちゃ小さけど動いてる、生きてる!

ちょっと感動!!!

011

でも、どうするの20匹くらい増えそうな勢いなんだけど。

まぁ、育つかどうかわからないからな。

数匹でも成魚になってくれればいいなぁ。

2016年4月20日 (水)

コアユ釣りにいったものの

昨年のコアユ釣り惨敗のリベンジとして、再び釣りにでかけた。

昨年は本当に全く釣れなかった。

なんで10年前はあんなに釣れたのだろう?

今回は仕掛け・ヨセエ・食わせも全部変更。

釣り場も変えてみる。

その結果、

12

ハゼの仲間 1

次は、

13

ハゼの仲間 2

さらに

14

ハゼの仲間 3 ・ ・ ・  とほほ。

底の針に食いついてくる。 中層の針にはなにもかからず。

釣り場を変えても、コアユは釣れず。

結局、横芝堰までのぼってきたが。

釣れなかった。

根本的に、考え直そう来年こそ。

より以前の記事一覧

ウェザー

  • 天気
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ