自然

2017年5月18日 (木)

5月になるとオトシブミが落ちてるよね。

近所の道端に、大きめのオトシブミが落ちていた。

68743

詳しく言えば、昆虫のオトシブミが作った、タマゴのゆりかごか。

周囲には3個ほど落ちていた。

オトシブミの成虫は葉を丸めて、中にタマゴを1個産み付ける。

このタバコの太さぐらいあるものは、初めて見た。

いつもみるのは、裏山のブルーベリーなどの葉を使ったもの。

68744

そう、これ。

こっちはかなり小さい。

日本国内でも20種類をこえるオトシブミがいるそうで、

それぞれ食草が違うし、体のサイズも違うので

このような全く異なる大きさとなるそうだ。

それにしても、こんな器用なゆりかごを作るとは。

虫ではあるが、すごい親だな。

2015年10月27日 (火)

天体望遠鏡購入

このところ、星への興味がでてきている、

中年さん(TOKIO城島さんと同い年)の俺。

甥に買ってあげたフィールドスコープなおもちゃに始まり、

HOMESTAR Liteの購入、遮光プレートで太陽撮影

地味に投資をしていたが ・ ・ ・ 。

ついに、人生初めての天体望遠鏡を入手した!

それがこの、Vixen社の

A80mf

A80mf 鏡筒経緯台セット、ちなみに中国製だ!

いやぁ~、店頭で見たときも大きいと思ったが、

自宅で組み上げると、本当に大きいな!!

なにしろ、箱が宅配されたときに父が

「何を買ったんだ、あんなデカイもの!」

と言ってきたくらいに、とにかく大きい。しかも重い。

12
デカイ箱が2つ、これらが大きな箱にド~ンと入れられて届いたのだ。

展開するにも一苦労。

あ、箱の中に長い金髪発見。ん~、工場の梱包係りには

金髪の人がいるな。

ま、そこは気にしちゃイカンか。

さて、組み立ては、難しくなかった。

ただ、大きく重い。店頭でもカタログでもわかっていたが

やはり、デカイ。 

だから扱いが大変。しかも光学機器でもあり、

かなり気を使う。

A70mf 鏡筒にしておけば、経緯台も小さいし

サイズも重量も価格も負担が少なかったか?

しかし、この大きさと重量が、

天体望遠鏡には大事なんだろう。

明るいうちに、組みあがった望遠鏡をベランダに出し

ファインダーと鏡筒が同一直線上を向くように調整する。

これが事前の準備としてとても大切。

写真の中心にある、こんもりした木を狙うことにした。

肉眼だとこんな感じ。

16_2

これを

6倍のファインダーを覗くと、このような映像。

28

ちなみにこの映像、接眼部分に無理やりCOOLPIX S8200

押し付けて撮影している。

専用器具がないので、手持ちでだ、根性だ。

このため、正確な倍率とはズレがでているような気も・・・

だからそこは気にしないで欲しい。

次は、接眼レンズ20mmを装着したA80mf鏡筒で見てみる。

倍率は46倍となる。

 

34_2

よく見える、こんなに見えるの?

やばいよ、こんなものを日中にベランダで見てたら、

あきらかにノゾキやってるみたいじゃないか。

勘違いされたらやばいですぞ。


さて、肝心の夜なんですが、

月はこんなふうに見えました。

20151020luna2

つ、月ってこんなにデコボコしてたのか!

知らなかった。

それにしても、どんどん動くんだな、星って。

これは、追いかけるのが大変だ。

ほぼ満月をまって撮影すると、

2015luna

とにかく明るい。明るすぎて目が悪くなりそう

月ってこんなに明るいのか!

この画像では明るさを感じないが、これは

購入しておいたオプションパーツのムーングラスを

装着し、光を柔らげたもの。

この写真も接眼部分に無理やりCOOLPIX S8200

手持ちでセットして撮影。

やっぱりここは根性だな。

でも、なかなかキレイに撮影できた。

144倍も可能だが、さすがに月に使うには

適さない。

そうだな、今度は・・・

土星や木星を狙ってみようか。

2015年4月 1日 (水)

大木にスミレの花

畑のそばに立つ、大きな木。

46500

二股に分かれた幹の中央を良く見ると、

花が咲いてる。

46511

お、スミレだ。こんなところで咲いているとは。

人も花も、どこで咲くのかは本人もわからないかも?

この大木すら、スミレのための鉢のようだな。

2015年3月29日 (日)

朝焼け

今朝は朝まで仕事。

帰りはちょうど日の出だった。

92

眠かったが、この朝焼けのなか昇る太陽のおかげで

目が覚めた。

力強い光だったな。

2015年2月15日 (日)

フキノトウはじまる

2月も中旬なので

387

フキノトウ、はじまりました。

まだ収穫するには数が少ない。

来週くらいには、大収穫かな?

2015年2月 6日 (金)

凍結路の朝

今朝は、ひどい凍結路の通勤だった。

事故だらけで怪我をした人も多かった。

昨夜遅くに、雨がやんで晴れたせいだ。

3223

朝焼けは、こんなにもキレイだったのだが。

2015年1月29日 (木)

寒い朝

寒い朝、外に出てみると ・ ・

385

なんだか、キレイな模様ができていた。

そうこれは、

385_01

車のボンネットにできた、氷の模様。

美しい。

2014年11月 8日 (土)

ジュズダマ

近所の奥様(40代)が、

「子供のころ、ジュズダマで遊んだわ~、

 実家の辺りでは見ないんだけど、

 親戚があった、このあたりでしか採取できなかったのよね~。

 だからこっちくると、それが楽しみで。」

と、言っていた。

ふ~ん、ジュズダマか。確かに、子供の頃遊んだな。

昔は、家の近所に生えていたが、最近見ない。

ならば、探すのみだ。

犬の散歩ついでに、ちょっと遠くを探してみる。

2664

あった、ジュズダマだ!

ドングリより固く、軽い感触でスベスベだ。

数粒いれた手の中で、カラカラと気持ちいい音を鳴らす。

なんか、気持ちいい実だな、これ。

サケの遡上 2

今日も近所の川にサケを見に行った。

1

前回よりは、よく写真が撮れた。

数も増えていて20匹ほど確認、かなり増えている。

でも、死んでしまったサケも数匹いた。

3

今日はかなり激しく泳ぐサケが多かったな。

いつもゆったり泳いでいる姿しか見たことがなかったが、

追いかけあったり、ジャンプする姿もみられた。

2014年11月 3日 (月)

サケの遡上

今年もサケが近所の川をのぼってきた。

141103_142300

うまく撮影できなかったが、10匹は泳いでいた。

川のそばには「密漁禁止」との看板が立っているが、

現在は密猟する人はいないと思う。

10年ちかく前に、大量に遡上してきたときは大騒ぎになって

密漁したひともいたそうだ。

だが、食べてみたら美味しくなかったらしい。

浸透圧の関係で、川に遡上して20kmも泳いできたら、

もう身はボロボロで、食事もしていないから

味が全くしないとのこと。

その話が広まったおかげで、こうして密猟者に

捕まらない環境になったというわけ。

見守ってあげるのが一番ですね。

より以前の記事一覧

ウェザー

  • 天気
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ