テレビ

2014年1月29日 (水)

地デジアンテナ設置完了

前回やむなく遠方の放送局に向けたUHF地デジアンテナを

設置しなおした。

今回はケーブルの引き回しなどを変更し、以前向けていた

直線距離13kmの中継放送局を狙う。

まずは衛星写真にて、放送局の位置確認。

841

((C)NTT空間情報)

そこから自宅にむかって直線を引く。

すると、放送局から電波がくる方向がかなり正確にわかるのだ。

「あの家の太陽光発電の右あたり」

などと、狙いやすい。

反射波狙いには使えないけど。

441

足場パイプにて設置後、アンテナレベルを見ながら微調整。

今回は山の奥に設置したため、土がふかふか軟らかくて

パイプの固定に苦労し時間がかかってしまった。

でも、がんばったので、

944

アンテナレベルはかなりイイ。

この間までレベル50くらいしかなかったから、かなり改善。

よかったよかった、一仕事片付いた。

2014年1月23日 (木)

TVアンテナの移設

裏山の土砂崩れをなおすために、重機が入る予定だが

その場所にはTVアンテナが設置してある。

工事予定日前に、移動しなくては。

712

しかし困ったことに、今度アンテナを移設する場所は

今までより土地が低くなってしまう。

このままでは、地デジ受信不能の可能性がある。

このため、Dpaを参考にアンテナを向ける方向を考え直す。

今まで向けていた一番近い送信局までは直線距離13km

しかし、その方角には「地面」と「民家」がある。

これじゃ、無理だ。

2番目に近いのは、26km先。しかし、Dpaによると受信不能。

その次に近いのは42km、さらにスカイツリーまで、63km

裏山に20型ブラウン管TVを担いで登る。

はたしているだろうか?この時代にブラウン管TVを持ち歩く人。

否、ここにいる、私だ。

6261

TVを見ながらアンテナをぐりぐり回して確認していくと、

スカイツリーなどは本来受信エリアなのだが、工場が目の前にあり、

電波がさえぎられている。

ちょっとずれれば受信できるが、うまくアンテナをすえつけられない。

26km先にある本来は受信不能の局しか、うまくいかない。

困ったな。

ちょっと、ギリギリアウトな感じなのだが、この局ねらいか。

う~ん、電波弱い ・ ・ ・ 。

しかし、ここで日没になってしまい、今日はここまで。

なんとか、TVは見られるけど、天候によってはやばそうだ。

2013年9月10日 (火)

DVDの傷を修復

DVDが傷だらけだ。
娘がDVD再生機や、ケースから取り出して遊ぶからだ。

「見られなくなってしまうから、遊んではいけません」
と、言ってはいるのだが、どうにも繰り返す。

その結果が、この状態。

6215

チャギントンDVD、買って一週間でこんな状態にされてしまった。
子供用のDVDなので、傷つけた本人が一番ガッカリしてはいるのだが

「パパ、直してheart01

いつも壊したオモチャなどを直してあげているので、
頼めば直ると思っている。
ん~、頼られるのはうれしいのだが、その前段階でなんとかしないとな。

とにかく、買ったばかりのDVDを直さなくては。
で、これを買ってみた。

6141

SANWA SUPPLY ディスク修復機 TVCD-RE1AT

実売価格は3000円未満。評判はいいらしい。
ディスク表面を研磨するのではなく、
傷を薬剤を充たす修復方式のようだ。

箱から出すと ・ ・ ・ いかにも中国で安く作られたような商品。
うわわわ、かなり脱力down

パッケージを写真で見ると高級感あるが、
実物は秋葉原で怪しげな中華商品にありがちな質感。
通販で買ったのだが、現物みてたら絶対に買わなかったろう。
とくにこの取説と透明ケースが、いかにありがちな ・ ・ bearing

ま、3000円しない商品だ、質感は気にしちゃいけないと
自分を言い聞かせる。

問題は性能だよ、性能。
本当に傷が消えるのか? が、問題だ。
と、自分をふたたび言い聞かせる。

6144

接写すると、安っぽさが顕著に ・ ・ ・ いかん、気にするな。

右の黄色パッドに修復液をつけて作動させるだけで
DVDやCDの傷が4分ほどで修復完了。自動で止まる。
作動中はヘアドライヤか掃除機のような音がする。
数回、音が変化するが、それが正常動作とのこと。

6154

出来上がりは、こんな感じ。
上の傷だらけDVDが、こんなにきれいになった。
すごい。嘘だろうってくらいキレイ。

DVD、DVD-Rなど何枚か試したが、
さすがに絶対修復できるというわけではないようだ。
傷をしっかり修復できなかったり、
見た目はキレイでも、読み込みがとまったりすることが
やはりあった。
でも、なかなかよい商品だ。

修復直後12時間は洗浄ダメと取説にあった。
ということは、修復液が硬化するのかな?
パッドも洗えるけど必ず乾燥してから使用とか、
こまかな注意事項はあるが、使い方は簡単だった。

ディスクに傷をつけるような扱い方をすること自体が
ダメだとわかってはいる。
でも、実際には意図せず傷つけてしまうものなので、
そういう時にはこの商品が役立つかもしれないな。

質感には目をつむろう。

2013年7月11日 (木)

arwin+ PD-AR9-DTV

arwin+の PD-AR9-DTVを買った。

6474

CPRM,VR対応。
アンテナ線とつなげは地デジフルセグ対応。
一応、超簡易なアンテナもついてくる。

今までarwin+の10インチ画面のポータブルDVDを使っていたが、
動作が不安定になってきたので買い替え。
所詮は安物の、「クルマでも使うことができるDVD再生TV」なのだろう。

284

今回は、画面は9インチになったものの、金額はほぼ一緒。
見た目ははるかに高級になった。
ワイドなんだな、これ。

684

旧モデルと比べて、車載用のバッグが本体の重さに負けて
変形することはなくなったが、電源スイッチが隠れてしまい
使いづらくなっている。

いや、あえてそうしたのかも。
子供がいじりにくくしてあるのかもしれないな。

628

リモコン。本体のボタンだけでは足らないので必須。
が、かなりわかりにくい。
下が今回の新規購入のもの。以前より見づらいぞ。
同じ色で、同じ大きさのボタンばかりだ。
しかも、再生ボタンわかりにくさ全開。

354

油性ペンで書いたよ、トホホだな。

でも、車載用電源供給ケーブルがコネクタをL字にしたり
など壊しやすい場所が改善されている。
俺は要らないが、ワンセグ・フルセグ対応は自宅で使いたい
人にはいいだろう。
ただ、画質はわるいけどね。

3年くらい使えれば、満足かなぁ。

2013年5月 7日 (火)

アンテナの保守

地デジのアンテナを設置して3年。

125

足場パイプで組んだだけあり、まったく問題はない。
さすがにこのパイプで屋根には組めないが、
こういった地面から少しだけの高さで十分な場合には
これほど安くて強固なものはないだろう。

しかし、裏山に設置したため、問題も。

126

この時期、タケノコが伸びてくるのだ。
これは自在クランプのすぐ脇に生えてきたタケノコだ。
孟宗竹のため、太さはかなりある。

アンテナにぶつからないよう、
大きくなる前に切断するようにしている。

2013年5月 2日 (木)

イチジョウマン7のアニメ版オープニング

またしてもNHK「おとうさんといっしょ」ネタだが。

イチジョウマン7のオープニング、
事前特番2回目の3/31以来、「アニメ版」見ないんですけど。
あれから、本放送はすべて「実写版」
あの2番まで続くオープニングは今後ないのかなぁ。

そういえば番組のエンディングも本放送ではショートバージョン。
やはり特番と本放送は違うってことか。

2013年4月 7日 (日)

イチジョウマン7オープニング

NHK「おとうさんといっしょ」だが、
録画して繰りかえししつこく観ている。
というか、娘が見たがるので強制的にだ。

でもこの番組、幼児だけでなく
お父さんに強烈にアピールしているような気が。
イチジョウマン7のオープニングはまさに
オヤジ向けだと思う。

タイムボカンシリーズのオープニングのほとんどを
歌っている山本正之さん起用だものなぁ。
タイムボカンすきなのだ。
ゲキガスキー(オタスケマン)の声だし。30年以上前だが。

事前特番は3/24と3/31の2回にわたって放送されたが、
イチジョウマンのオープニングに驚いた。
1回目はイチジョウマン7役の聖也さんが出演する
「実写版」だった。
ところが2回目はすべて「アニメ版」になっていた。
しかも、聖也さんの演じた姿そのままを絵にしている。
さらには2番まで演奏は続く!!!

いやいやいやぁ、まいったね。
山本正之さんの歌声がアニメのオープニングで
流れた日には、感涙ですよ。
本当にタイムボカンシリーズがスキだから。

いまだに捨てられないもの。

501

セガサターン用の「ボカンと一発!ドロンボー完璧版」
1997年発売。
残念ながら山本さんの美声は収録されていないんだけどね。
でも、いまだに捨てられない。
サターン本体は、3台目がまだ動く状態で保管中。

こういう人間には、「おとうさんといっしょ」の演出がたまらんのです。

おとうさんといっしょ エンディング

NHK「おとうさんといっしょ」が本日から本放送開始だ。
すでに事前特番を何度繰り返し見たことか。

この番組、幼児向けだがSLやイチジョウマン7の列車など、
鉄道に関するネタが多いようだ。

エンディングテーマもSLだ。
曲はなおちゃんが歌う「青空のゴーサイン」なのだが、
その歌が流れる中、どこかの公園のような場所で
ロケされている。
ふむ、どこだろう?気になる。
あのSLはミニSLでもないしなぁ ・ ・ ・ 。

ん?そういえば ・ ・ ・ 。
確かあそこにこんな蒸気機関車があったような?
その場所とは、

伊豆修善寺 虹の郷(にじのさと)

15インチゲージのSL、園内の花畑などから
きっと間違いないのでは? 
という結論に。

虹の郷には入ったことはない。前を通ったことが
あるだけ。
今度、のぞいてみるか。

追記:後日、虹の郷に行き、間違いないことを確認

追記2:ロムニー鉄道のSLカンブリア号、間違いなく超カッコイイ!

 

2013年3月27日 (水)

おとうさんといっしょ

おとうさんといっしょ

てっきり、どこかの民放TV局のパロディ番組かと思ったが、
ちゃんとしたNHKの番組なんだそうで。
24日にBSプレミアムで事前特番放送があった。

試しに録画して観て見た。

なんというか、本家(?)の「おかあさんといっしょ」と比較すると
オッサン、いやパパ向けな内容ではあったなぁ。
「レオレオれーるうえい」の雰囲気、お笑い番組のようだな。

「イチジョウマン7」なんて、オープニングテーマが、
まんまタイムボカンシリーズだ!
山本正之さんの声が聞こえてきた瞬間に涙がでてきたぜ。
オッサンにはたまらんぜぇ。

佐藤弘道おにいさんの「イチジョウマン」を継承する名前も、
内容は違うが、その辺で「おかあさんといっしょ」と
つながっている。
振り付けにラッキィ池田さんもちゃんと参加してるし、
製作側が楽しんで作ってそうだ。

聖也さんは場馴れしている感じで見ていて安心感がある。
安藤奈保子さんは若干ぎこちなさがあるが、
さわやかで人気がでるだろう。
駅専属のなおちゃん(安藤さん)がコンサートをして
子供たちにみせるという形態が
「おかあさんといっしょ」にはないつくりだなぁ。

ここで、「タンポポ団にはいろう!!」という歌を
はじめて知った。
元々は「おかあさんといっしょ」の曲で
はいだしょうこさんも歌っていたそうだ。
ポコポッテイトの3人も歌ったりしているようで。

それにしても、娘は体調が悪いのに何度も録画した
「おとうさんといっしょ」を
観るの、観るの!!!!」と、
言って繰り返しみている。よほど気に入ったな。
すでにこの三日間で10回はこえてるな。

ひとまず、来週以降も楽しみだ。

2013年2月 5日 (火)

西村京太郎先生 来たる

今週末の成田線「SLおいでよ銚子号」に関連して。

「サスペンス」  「鉄道」 とくれば、皆わかる。
なんと、あの西村京太郎先生が、このSLイベントに
あわせて銚子にいらっしゃるという。

45

それにしても、銚子電鉄を題材にした、
十津川警部 銚子電鉄六・四キロの追跡
っていう話があったのね。

調べると、昨年TVで放映していたようだ。
さらに驚きだ。

それにしても ・ ・ ・ 
6kmちょっとしかない路線でどのような話が
できあがっているのか ・ ・ 気になるなぁ。

読んでみようかな?

ウェザー

  • 天気
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ