スクナカボチャ

2013年9月30日 (月)

本年のスクナカボチャ終了

スクナカボチャをすべて収穫し、茎や未熟な実を処分した。

2546

一株あたり、1.5個くらいか。

例年より実は小さく3kg前後が一番多いようだ。

2013年9月24日 (火)

台風でスクナカボチャ壊滅

台風18号の強烈な風により

6279

スクナカボチャは、実と茎だけになってしまった。

先端から新たな葉はでてきているが ・ ・ ・ 。

雨が降らない風だけのときって、塩が海から飛んでくるんだよな。

海からかなり離れているのだが、車の表面は塩だらけ。

植物もかなり被害が出る。

2013年9月19日 (木)

スクナカボチャ収穫

やっと、スクナカボチャを収穫した。

6222

太いほうで3kg、細いほうは2.6kgだった。

例年より1ヶ月も遅い収穫。 収量は少ない見通した。

ちょっと今年は種まきが遅く、育苗も失敗。

さらに管理も行き届かなかった。来年はもうすこし気を配ろう。

2013年7月26日 (金)

受粉中

カボチャの花の受粉能力は朝だけ。

520

早朝からハチが受粉してくれています。

マルハナバチだとおもうが、正確にはわからん。

ミツバチではない、クマバチでもない。

順々に花をめぐって、移動していく。 

一株終わると、次に移動する。 きっちりしてて、驚き。

受粉してくれて、どうもありがとう。

2013年7月14日 (日)

スクナカボチャ?それとも??

スクナカボチャを産地以外で育てていると、

本来の長い形状ではなく、ナタワリカボチャのような形状や

色と模様が普通のカボチャのような実ができてしまう。

原因は、周囲に他のカボチャの雄花があるためだ。

コレばかりは仕方ない。

スクナカボチャの特徴を持っていない実や株は淘汰する。

1521

これは、正常。まだ小さな雌花だが、ちゃんと細長い。

6211

これ、だめな株の実。小さくても丸い。

この実があったら、その株に実るカボチャはすべて丸い。

だから、根元から切り取る。

そうしないと、この株の雄花によって周囲の雌花が受粉してしまい、

翌年のスクナカボチャの収穫にに影響を及ぼすからだ。

2013年7月10日 (水)

スクナカボチャの茎固定

スクナカボチャの茎が伸びてきたので
イボ竹で固定した。

9854

2本ずつセットで挿す。
そのまま伸ばしてもいいのだが、
時々吹く強風で、茎がねじれてしまうのを防ぐためだ
風で動かなくなるくらいまで固定。

本業の方はこんなことしないだろうな。
家庭菜園だからなぁ、俺は。

2013年6月12日 (水)

スクナカボチャの苗が残念な状態

う~ん、今年のスクナカボチャの苗だが、困ったことに。

親に管理を任せておいたのだが、

何故だか日陰で育ててたsweat02

まさかだ。農家にあるまじき失態。

黄色くひ弱な苗を強い日差しの下に急にだすと、枯れる。

どうしたものか。

1233

ダメもとで定植してみた。

周囲の風除けはイジリの会社の商品の包装。

ゴミになるものを再利用した。

さて、枯れずに青々と育ってくれるかな。

2013年5月 8日 (水)

スクナカボチャの種まき

スクナカボチャの種まきをしました。

3998

1ポットに2粒ずつ。

芽がでたら良いほうだけ残して、他方は切ります。

2012年9月20日 (木)

スクナカボチャについて

スクナカボチャは岐阜県の高山市特産。
元々旧丹生川村で栽培されていた、飛騨地方のカボチャだ。

0119

ヘチマみたいな形状であまりデコボコしていない。
薄い緑色に独特な模様がつく。

普通のカボチャに比べやわらかめで包丁が入りやすいので、
切るときに力が少なくてすむ。
甘さは強く、粉っぽさがすくないようだ。

 

スクナカボチャの収穫時期はほかのカボチャ同様に
軸の部分が緑色から白くなり縦横に割れた頃が
収穫適期なのではないかな?

112

育て方は他のカボチャに比べ変わったところはないのだが、
受粉できなかった種無しの実がつくことが多いように思う。
そうなると細いままの実ができる。

115

この細い実は糖度もあがらずおいしくない。
どうやらカボチャも、種がないと糖度があがらないようだ。
しかも、この実は大きくならない。
本来ならばこうならないように、朝の受粉作業をすればよいのだが
近年は気にしないことにして、できても気にせず破棄している。

0121

収穫時は切断面に土がつかないようにする。

0127

サイズは大きいものでこんな感じ。
この実は4.9kgあった。

2.5~3kgくらいが一番扱いやすいかな。

2012年9月 5日 (水)

スクナカボチャ収穫

今年も、スクナカボチャの収穫時期がやってきた。

本来なら盆のころには収穫できるはずなのだが、
植え付けが遅く、世話もあまりできなかったので
遅くなってしまった。

63125

見た目はヘチマ。でもカボチャ。
ちょっと細めのものばかりになってしまった。
でも、ちゃんとタネは入っているから甘いはず。

毎年、岐阜の産地のように太いカボチャを目指すのだが、
結局さほど太らせられない。

実の数を減らさないといけないのだが、
つい多めにしてしまう。
貧乏性だなぁ。

より以前の記事一覧

ウェザー

  • 天気
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ